2017-04-28

キャンピングカーで行く☆ラングドックとアキテーヌ地方(3) ラ・コチネル(La Coccinelle)とフェレ岬(Cap Ferret) - 191

キャンピングカーで行く☆ラングドックとアキテーヌ地方シリーズ、3日目はアルカション湾(Bassin d'Arcachon)近郊にある動物園兼遊園地、ラ・コチネル(La Coccinelle)とフェレ岬(Cap Ferret) に行ってきました。


ラ・コチネルは時間がやや押し気味の中での子供用企画。3時間くらいで一通り楽しめるのがポイントです。あまり大きくないのですが十分楽しめました。隣にはアクアランド(Aqualand)という大きなプール施設があるし、アルカション湾近くのサイクリングロードはとても充実しているし、この近郊での夏のバカンスはかなり楽しめそう。


動物園エリアでは外から餌をあげられるだけでなく(限られた家畜用動物のみ)、

 柵の中に入って動物に触ることができます。

ちょうど孔雀たちは発情期。よく鳴いていましたし、羽を広げて求愛している姿もみれました。

このオスは羽を広げてもあまり相手にされてなくてちょっとかわいそうでした。
(右が沈黙のメス)

無料のメリーゴーランドがあり、ここは係員なし。
緑ボタンがスタート、急ストップさせたいときは赤ボタンを押す、という説明のみ。
いいなぁ、この方法。

トロッコ電車、洋服のまま乗るので水上に着地するときは結構濡れますが、楽しいです。

コチネルはフランス語でてんとう虫、の意味。そのせいかてんとう虫色のものをよく見かけました。
こちらはてんとう虫カラーのブタ列車。

楽しく遊んだ後は、フェレ岬(Cap Ferret)へ。
到着したのですが、なんと海岸保護のためビーチは進入禁止になってました。

方向を変えてフェレ岬砂丘へ向かいます。

天然の松林道を気持ちよく歩いたのですが、林道が終わると

ゆるい上りの砂道で、子供を背負う係に。
デッキあるなら並べてくれー

途中から敷いてあったので助かりました。

下り坂に入ってビーチが見えてきました。遠くに前日行ったピラ砂丘が見えます。

早速海パンになった男たちは貝殻拾いに夢中。

緑のコケに覆われた物体は何?と思ったら、第二次世界大戦中にできたという掩蔽壕(えんぺいごう)でした。
細い隙間があるのですが、そこから射撃していたとか。

入口の様子。中を見てみましたが、入れそうもありませんでした。

犬が泳いでいる姿を発見。

芸術的な波模様

クラゲが波打ち際に打ち上げられてました。大きい!

地平線があざやかです。

貝拾いを楽しんで、今宵の宿泊地オータン(Hourtin)のキャンピングカー用サービスエリア(L'aire de camping car Hourtin) へ向かいました。ここはキャンピングカー旅行者たちに評判高い場所なのですが、その通りとてもいいところでした(→フランスをキャンピングカーで旅行した学び-194)。この話はまた今度。(続く)













0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...