2014-10-20

2人目うまれました -134

10月13日、午前10時31分に男の子を出産しました。今回も前回と同じ公立の病院にて。長男の世話を夫がしないといけなかったので時間帯によっては1人で出産予定だったのですが、夫が出産に立ち会えたのでラッキーでした。

3640gと長男同様大きく生まれた次男でしたが、さすが2度目の出産、1度目に比べて全てが早く進んでとてもラクでした。子宮口の開きが早かったので陣痛に耐えた時間が短かったし、無痛分娩の出産だったので体力消耗は少なかったし。生まれた子供も私もとても良好な状態だったので翌日の昼には退院となりました。私は痛いのが苦手なので、エピドラル(無痛分娩のための麻酔)なしでの出産はしたくないなー、というのが2回の出産経験の感想です。


通常の出産だと48時間後に退院なのですが、午前中の出産だったので(産後母子ともに良い状態だったこともあるのでしょう)午後に帰りたかったら帰っても大丈夫よ、後日助産婦と看護婦が家に訪問検診するサービスがあるし、と言われました。元気だったといはいえ、なんとなく不安だったので1泊しましたが、今となっては当日の午後帰っていても大丈夫だった気もしています。

個室に入れたし(2人部屋は無料、個室は1泊70ユーロ)、部屋は清潔で明るいし、眺めもいいし、Wifi完備で食事も普通に美味しかったし、、と1泊でしたがゆっくりくつろげました。今回も助産婦、医者、看護婦、のプロフェッショナル度が高かったので、私は公立病院での出産にとても好感をもっています。これで医療費が無料なのはすばらしい。

ちなみに病院の食事はこんなかんじ↓。帝王切開だった人、ベジタリアン、アレルギーのある人、などには別メニューがあるそう。


夕ご飯にパスタと白身魚。ゆでたフダンソウ(acelga)にアーモンドと干しぶどうをまぜたサラダ。パイナップル。


朝ご飯にパンとチーズ、オレンジ、ホットミルク。コーヒー飲みたい人用にカフェインレスのインスタントコーヒーもついていました。夕方と夜(←23時頃)のおやつにはヨーグルトもしくはジュースとクッキーでした。

家では2歳の長男のイヤイヤ期が好調なので(泣)ゆっくり過ごす、というかんじでもないのですが、今は義母も家にいて手伝ってくれるし、日々楽しくやっています。長男の弟に対する嫉妬は今のところ見られなくて、弟をよくかわいがっています。兄弟でいる様子はとても微笑ましく、人生の親友として仲良くつきあっていってほしいと思います。

今回も沢山の方に祝福をいただいて、大感謝です。ありがとうございました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...