2012-07-24

スペインの出産休暇事情 -93

臨月36週目にはいりました。予定日を3日後に控えてもまだ働いているプレママのクラスの友達もいますが、私は機動力がおちてダメ。産休に入ることにしました。デスクワークなのですが、腹が机でおされて苦しいので、椅子を一番低く調整して肩から上が机からみえるような状態にして、腹を机の下にはまるようにして仕事をしばらくしてましたが、この姿勢だと目も肩もすぐに疲れてしまうし、足がむくんでいるのでさらに疲れやすいし。

スペインでは産前休暇は病欠(Baja Laboral)と一緒の扱いになるので、自分の体調で産前休暇を始めるタイミングを決めれます。(会社の人事に聞いてみたら予定日の1ヶ月-2週間位前から取る人が多い様子)その後出産したら病欠を解除する手続きをとり、産休(Baja Maternidad)を申請。出産日から16週間が給与がでる産休期間、その後無給になるけど、産休を最高3年まで延長することができます。(確か1年までは復帰後のポジションも元のところに戻れることが約束されている)その他に授乳期 特別許可、とでもいえばいいのでしょうか、授乳のための時間として生後9ヶ月以内までの申請が認められている時間があり、産休後3週間連続でまとめてとるか、仕事復帰してからこの時間分を勤務時間から消化することができます(1日1時間まで。30分を2回に分けることも可。母さんだけでなく父さんでもとれる)。その後子供が6歳になるまでは、労働時間短縮して仕事を続けられるので、最短半日、会社との調整で6時間勤務などフルタイムで戻ってない人もけっこういます。

出産補助金や出産の税金控除関連として、以前は1人産むと2500ユーロもらえましたが、そんな素敵な制度は2010年でなくなっていました。。最近の税金の改正があったので再度社会保険事務所で確認した方がよさそうですが、2012年は基本働くママには給料に月に100ユーロの援助X12ヶ月、もしくは1200ユーロの源泉徴収(IRPF)控除があるようです。コレとは別に1家庭あたりで所得控除される基本金額が一人目なら1836ユーロ、二人目2040ユーロ、三人目3672ユーロ、四人目4172ユーロとなっています。来年の確定申告のときに戻ってくる金額が増えるのでしょうけど、前回の記事、税金の値上げにより赤ちゃん用品は4→21%に税率が変わり(泣)2012年9月1日から施行となりましたので、税金控除や出産補助があっても、実際どのくらい補助になるのかは疑問。。

産後復帰のタイミングは産休16週間のおわる1ヶ月前に会社に連絡すればいいそうなので、まだ考えていませんがどのくらいで復帰するかは考え中。私の勤める会社では産後16週間で復帰して、その後時間短縮して働いている女性が多いかんじだけど、何を自分の生活の中心にしたくなるのかなぁ。自分のことながら子供が産まれた後の生活スタイルの想像がつきません。どんな形であっても、自分で働いて稼ぐことは辞めたくないのは確かなのですが。

仕事ひとまず一段落でお疲れ様&がんばれ産前ラストスパートってことで夫から百合の花束とブロメリア(グズマニア)という観葉植物もらっちゃいました♪黄色い百合の花言葉が”甘美”、ブロメリアの花言葉は”健康と幸せ”だそう。そんなの知らないで買ってくれたそうだけど、素敵な意味のお花で嬉しいな。ありがとー。




励みになります、ポチっと応援クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

人気ブログランキングへ

2012-07-12

今日のびっくりしたこと -92

経済の悪化、不景気が騒がれて久しいスペイン。ギリシャより経済規模が大きいだけに、景気悪いかんじがとてもよく強調されて報道されていると思う。(実際本当に景気悪いですが)

これをなんとかすべく、昨日7月11日にラホイ首相が財政再建のための35の新しい政策を発表しました。税金をさらにあげ、公共サービスをさらに減らす(公共団体の削減、全ての公務員の冬のボーナス0、など)ことをメインに、失業保険の手当ての引き下げ、空港や港湾の民営化などをもりこんだ改革です。

驚いたのが、税金引き上げの開始時期。税金の変更内容はGeneral VATのレートが18%→21%(普通のお買い物 / 3%up)、Reduced VAT 8%-> 10%(レストランやホテルとか / 2%up), Super-reduced VAT 4% (本、新聞、雑誌とか/据え置き)の3つ。明日13日の閣僚会議で承認が決まるのでまだ未定ですが、ニュースを読んでいると今週末、もしくは来週の月曜日から適用開始を目標に動きたいらしい。早すぎる!!

会計会社の人いわく、実際それはあまりに現実的ではないので、おそらく最速でも8月1日や9月1日など、月のVAT清算の初日から施行となるのではないかとのことだけど。いずれにせよ、ここ2-3ヶ月中には施行となるのがかなり濃厚な話。


日本の消費税値上げについて数年先の話をずっーとしているけど、このスピード感!!公的な発表はまだとはいえ、さまざまな混乱を含め、できるかできないかわからなくても、できるだけ早くやらなければ、という切羽詰っている感だけはひしひし伝わってくる。(夏休み前にやらないと、2-3ヶ月のびてしまうので他のEUの国からつるしあげられる、って理由もあったりするのかな?)
テレビを買おうかな、とか、ベビー用品ぼちぼち買わないと、と思っていたのだけどVAT上がる前に駆け込みで買わないとだわ。。


最近スピードオーバーで写真をとられた夫の罰金は3日で届くし、(以前は届かないことが多かった)朝8時からしっかり駐禁の取締りをやっているのをよく見るようになったし、明け方のアルコールチェックの検問は実施する場所が増えているとのことだし、確実に金とりまっせ!という本気具合がうかがえる。


今お世話になっているCAP(公的医療施設の一種)の産科医は朝から2ヶ所かけもちなので必ず診察には予約時間の30分-1時間遅れて到着するのだけど、これももうどうしようもないらしい。公共医療サービスの削減から来ているしわよせだって言われちゃうと、基本無料なのでもう何も言えず。

ちょっと話しがずれて不景気自慢になってしまってますが、新しい税金値上げのタイミング、気になるところ~!大きな買い物はやくしないとー


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...